オリジナルTシャツと転写について

イベントオリジナルTシャツのプリント方法は主に一つの方法によって作られているのをみなさんはご存じでしょうか?クラスTシャツやイベントで使用するTシャツもほとんどが一つの方法をもとに作られています。しかし、その方法を応用してそれぞれの用途に合わせて、世界に一つしかないオリジナルTシャツを作ることができるのです。今回はオリジナルTシャツのプリントについてみなさんに紹介させていただきます。

まず、ラバープリントと呼ばれるプリント方法です。このラバープリントを応用していくことでデザインや文字以外の部分でオリジナル性を出すことができるのです。まず一つ挙げられる方法がカッティング転写と呼ばれる方法です。この方法は機械を利用して好きな文字や数字などを切り取り、切り取ったものを直接Tシャツに熱を使用して貼り付ける方法です。このカッティング転写の多くは個人名や背番号などを載せたい時に使用します。

そして、少し特徴的な方法として、ラメプリントと呼ばれる方法があります。通常のカラープリントではオリジナル性が弱いと感じてしまう方におすすめの方法です。ゴールドやシルバーなどを利用することで高級感を演出できます。派手さもありますので、目立つという意味では最も効果的な方法の一つです。興味がある方はぜひこのラメプリントをおすすめします。


関連記事

オリジナルTシャツとプリント方法について

オリジナルTシャツと一言で言ってもその用途はいくつもあるでしょう。学校やクラス単位で制作したり、会社や部署、イベントごとで使用したりと本当に多くの場所でオリジナルTシャツは活躍しています。今回はこのオリジナルTシャツのプリント方法についてみなさんに紹介させていただきます。

Tシャツ今回は一般的なプリント方法ではなく、少しでも多くの方にこのようなオリジナルTシャツも作れるということを知っていただきたいので、あえて少し変わったプリント方法を紹介させていただきます。ちなみに一般的に多く使用されるプリント方法はラバープリントと呼ばれるプリント方法で、色ごとに文字などをおこしていくプリント方法です。

まず初めに紹介させていただくのが、ハッポウプリントと呼ばれるプリント方法で、前述したラバープリントと方法はあまり変わらないのですが、熱処理を加えることで少し文字など立体的に見え、同じデザインでも少し特徴のあるデザインに仕上がります。

次はグラデーションプリントと呼ばれる方法で、こちらも基本的にはラバープリントと一緒なのですが、何色かのインクを混ぜる工程が含まれてきますので、グラデーションの色彩を出すのに少し高度な技術と経験が必要になってきます。ぜひ制作する際には今回ご紹介させていただいたプリント方法を思い出してください。


関連記事

オリジナルTシャツ制作の一般的なプリント方法

オリジナルTシャツを作っているパターンで多いのが、クラスTシャツと言えるでしょう。クラスTシャツは様々な場面で使用することができ、夏場に使うことが多いTシャツですが、基本的にはオールシーズン使用できるという点も魅力的なポイントの一つとして挙げられるでしょう。

しかし、オリジナルTシャツと言ってもクラスTシャツやイベントTシャツなど、多種多様な使用用途があります。制作方法もその用途によって使い分けることが必要になってきます。今回はこのオリジナルTシャツの制作方法についてみなさんに紹介させていただきます。

クラスメイトまずオリジナルTシャツにとって切っても切り離せないポイントがプリント方法です。もちろん生地や素材などにもこだわらなければいけないのですが、プリント方法によってそのオリジナルTシャツの良し悪しが決まってしまうと言っても大げさではないでしょう。オリジナルTシャツで最も一般的なプリント方法は、ラバープリントと呼ばれるプリント方法です。一般の方にはあまり聞き慣れない言葉ではありますが、市販で販売されているTシャツの多くがこのラバープリントと呼ばれるプリント方法です。特徴としては使う色ごとに文字やデザインをおこして都度印刷し、基本的には何色でもプリントが可能な方法ですので、重宝されるプリント方法なのです。この他にもプリント方法はいくつかありますが、もし、クラスでオリジナルTシャツを制作する場合にはこのプリント方法を覚えておき、依頼する際には業者にもプリント方法を確認するようにしてください。


関連記事