オリジナルTシャツ制作の一般的なプリント方法

オリジナルTシャツを作っているパターンで多いのが、クラスTシャツと言えるでしょう。クラスTシャツは様々な場面で使用することができ、夏場に使うことが多いTシャツですが、基本的にはオールシーズン使用できるという点も魅力的なポイントの一つとして挙げられるでしょう。

しかし、オリジナルTシャツと言ってもクラスTシャツやイベントTシャツなど、多種多様な使用用途があります。制作方法もその用途によって使い分けることが必要になってきます。今回はこのオリジナルTシャツの制作方法についてみなさんに紹介させていただきます。

クラスメイトまずオリジナルTシャツにとって切っても切り離せないポイントがプリント方法です。もちろん生地や素材などにもこだわらなければいけないのですが、プリント方法によってそのオリジナルTシャツの良し悪しが決まってしまうと言っても大げさではないでしょう。オリジナルTシャツで最も一般的なプリント方法は、ラバープリントと呼ばれるプリント方法です。一般の方にはあまり聞き慣れない言葉ではありますが、市販で販売されているTシャツの多くがこのラバープリントと呼ばれるプリント方法です。特徴としては使う色ごとに文字やデザインをおこして都度印刷し、基本的には何色でもプリントが可能な方法ですので、重宝されるプリント方法なのです。この他にもプリント方法はいくつかありますが、もし、クラスでオリジナルTシャツを制作する場合にはこのプリント方法を覚えておき、依頼する際には業者にもプリント方法を確認するようにしてください。


関連記事